未分類

自己PRを書く際のポイントと5つの手順で書く方法【例文あり】

自己PRを書く際のポイントと5つの手順で書く方法【例文あり】

こんな方におすすめ

  • 就活におけるES自己PR書き方を知りたい
  • 自己PRを書く際に気を付けるべきポイントを知りたい
  • 選考を通過しやすい自己PR例文を知りたい
Ayumu
このような悩み・疑問を解決できます!


なぜなら、第一志望の大手企業に内定した「歩」が、自己PRの書き方について分かりやすく解説するからです。

この記事で分かること

  • ES自己PRを書く際に抑えておくべき3つのポイント
  • 自己PR具体的な書き方【5つの手順】(※例文あり)


※本記事では、実際に私が就活で企業に提出した自己PRを例文として公開します。

1.ESで自己PRを書く際に抑えておくべき3つのポイント

ESで自己PRを書く際に抑えておくべき3つのポイント

 1.1自己PRを書く目的を理解する

1つ目は、自己PRを書く目的を理解することです。

自己PRを書く目的とは

自己PRを書く目的

企業で活躍できる強み(能力)を備えていることを伝えるため


です。自己PRを作成し終えた後に再度ここに戻ってきて、自分の自己PRはこの目的を達成できているか確認しましょう。

 1.2自己PRに盛り込むべき要素を把握する

2つ目は、自己PRに盛り込むべき要素を把握することです。

自己PRに盛り込むべき要素とは

自己PRに盛り込む要素

  • あなたの強み(能力)は何か
  • その根拠は何か
  • この企業で強み(能力)の再現性はあるか


これらの3点です。

 1.3自己分析をしっかりとやり込む

3つ目は、自己分析をしっかりとやり込むことです。

3つのポイントの中でここが最重要です。自己分析をまだやり込めていないという方は、これらの記事をご覧ください。

就活を始めたばかりの人でも使える3つの自己分析の方法

就活初心者でもモチベーショングラフが使える【5つの具体的な手順】

2.自己PRの具体的な書き方【5つの手順】

自己PRの具体的な書き方【5つの手順】


ESの自己PRの書き方について「歩」を例にして解説します。ここでは5つのSTEPで書き方を分かりやすく解説します。

題材とする問いは

「あなたが自分自身の優れていると思う能力、経験、性格などのうち、入社後の業務に生かせる点に関して500文字以内で自己PRを行ってください」


とします。

 2.1 STEP1:構成要素を把握する(PREP)

STEP1は構成要素を把握することです。

自己PRに限らず、ESの文章の構成は「PREP」です。これは

PREPとは

  • P(Point):結論
  • R(Reason):理由
  • E(Example):根拠
  • P(Point):まとめ


を表しています。最初に結論を持ってくるところがポイントとなります。

 2.2 STEP2:構成要素ごとに文章を作成する

STEP2ではPREPの構成要素ごとに文章を作成します。

問いを再確認しておくと

「あなたが自分自身の優れていると思う能力、経験、性格などのうち、入社後の業務に生かせる点に関して500文字以内で自己PRを行ってください」


です。ひとまず、500文字以内という文字数制限は考えずに文章を作成します。

*******ココから*******

P:結論

自ら率先して行動する能力があります。

R:理由

アルバイトをしていた個別指導塾で、生徒の成績が伸び悩んでいるという問題を、自ら率先して行動することによって解決できたからです。

E:根拠

生徒の成績が伸び悩んでいる原因は、「自分から」自習に来る生徒の数が少ないことだと考えました。なぜなら、それまでの指導経験から、他人から教えられるよりも、自分から勉強した事の方がよく身につくと考えていたからです。

そこで、他の講師にそれぞれの担当生徒を自習にこさせる提案をしたのですが、実行に移す講師はいませんでした。その際、人にあれこれ言う前に、まず自分が率先して行動しようと考えました。

具体的な行動としては、普段の授業において、生徒から質問された際、すぐに答えるのではなく、「なぜ解けないのか分かる?」「何が分かれば解けると思う?」逆に質問し、生徒が自分の頭を働かせるような指導法に切り替えました。

このような指導方法を約3ヵ月程度継続した結果、多くの生徒が「自力で問題が解けると楽しい」と言って自ら自習にくるようになり、数学の点数が20点UPするような生徒が出てきました。

さらに、私がどのような指導をしているか尋ねに来る講師が現れるようになり、私の指導法が広がることで塾全体の平均点を約10点UPさせることができました。

P:まとめ

社会人としてチームで仕事をする際、何か問題が生じれば、私が自ら率先して行動することで、問題の早期解決に向けて動き出すことができると考えています。

*******ココまで*******


文章を作成し終えたら、自己PRに盛り込むべき要素である以下の3点が入っているかどうか再確認しましょう。「歩」の場合

自己PRの3つの要素

  • 強み(能力)は何か:自ら率先して行動する
  • 根拠は何か:塾講師のアルバイト経験。生徒の成績が伸び悩んでいる原因を見つけ出し、解決した
  • 再現性はあるか:チームで生じた問題解決に向けて率先して行動できる


となります。

 2.3 STEP3:それぞれの文章を結合する

STEP3ではそれぞれの文章を結合しましょう。

その際、文章全体が一つのストーリーとしてまとまるように「このことから」「その理由は」「以上の経験から」などの言葉を適宜足しましょう。

 2.4 STEP4:文字数調整をする

STEP4では文字数調整を行います。

STEP2で書き出した文章の文字数は610文字です。今回の文字数は500文字以下のため、ここから110文字程度を削っていく必要があります。

文字数を削る際は以下3点を意識しましょう。

文章を削る際のポイント

  • ストーリーの構成上、削れないところはそのまま
  • 説明しなくても理解できる文章は削除
  • より簡潔な表現に直せないか考える


STEP2で書いた私の文章を見え消しで添削したものを載せておきます。是非参考にして下さい!

私は自ら率先して行動する能力があります。その理由は、アルバイトをしていた個別指導塾で、生徒の成績が伸び悩んでいるというむ問題を自ら率先して行動することでによってして解決できたしたからです。生徒の成績が伸び悩んでいるむ原因は、「自分から」自習に来るする生徒の数が少ないことだとためと考えました。なぜなら、それまでの指導経験から、他人から教えられるよりも、自分からで勉強した事の方がよく身につくと考えていたからです。そこで、他の講師にそれぞれの担当生徒を自習にこさせる提案をしたのですが、実行に移すする講師はいませんでした。その際、人にあれこれ言う前にまず自分が率先して行動しようと考えました。具体的な行動としてはには、普段の授業において生徒からの質問された際、にすぐに答えるのではなく、ず「なぜ解けないか分かる?」「何が分かれば解けると思う?」と逆に質問し、生徒が自分の頭を働かせるような指導法に切り替えましたをしました。このような指導方法を約3ヵ月程度継続した結果、多くの生徒が「自力で問題が解けると楽しい」と言って自ら自習にくるするようになり、数学の点数が20点UPするような生徒が出てきました。さらに、私がどのようなの指導法をしているか尋ねに来る講師が現れるようになり、私の指導法が広がることでり塾全体の平均点を約10点UPさせることができました。以上の経験から、社会人としてチームで仕事をする際、何か問題が生じれば、私が自ら率先して行動することで、問題の早期解決に向けて動き出すことができるせると考えています。


最終的に出来上がった自己PRがこちらになります

問い:あなたが自分自身の優れていると思う能力、経験、性格などのうち、入社後の業務に生かせる点に関して500文字以内で自己PRを行ってください。

私は自ら率先して行動する能力があります。その理由は、アルバイトをしていた個別指導塾で、生徒の成績が伸び悩む問題を、自ら率先して行動することで解決したからです。成績が伸び悩む原因は自習する生徒が少ないためと考えました。なぜなら、それまでの指導経験から、他人から教えられるよりも、自分で勉強した事の方が身につくと考えたからです。そこで、他の講師にそれぞれの担当生徒を自習させる提案をしたが、実行する講師はいませんでした。その際、人にあれこれ言う前にまず自分が率先して行動しようと考えました。具体的には、普段の授業において生徒の質問にすぐに答えず「なぜ解けないか分かる?」「何が分かれば解けると思う?」質問し、生徒が自分の頭を働かせる指導をしました。この指導を約3ヵ月継続した結果、多くの生徒が「自力で問題が解けると楽しい」と言い自習するようになりました。さらに、私の指導法を尋ねに来る講師が現れ、私の指導法が広がり塾全体の平均点を約10点UPさせました。以上の経験から、社会人としてチームで仕事をする際、何か問題が生じれば、私が自ら率先して行動することで、問題の早期解決に向けて動き出せると考えています。(498文字)

 2.5 STEP5:他人のレビューを受ける

最後のSTEP5は他人のレビューを受けることです。これは必ずやりましょう!

他人のレビューを受ける目的は自分の文章が読み手に「伝わりやすいか」を確認するためです。

ここまで、自己分析→自己PRを書く目的の理解→自己PRに盛り込むべき要素の把握→自己PRを作成する5つの手順を経て、自己PRを練り上げました。

これだけやったのだからもういいでしょ?と思うかもしれませんが、もうひと踏ん張りです。どれだけ良い自己PRでも読み手に伝わらなければ真価が発揮されません

なぜここまで「伝わりやすさ」を重視するのか、その理由を詳しく知りたい方はこちらの記事の「ESを書く際に気を付けるべき最重要ポイント」をご覧ください。人事目線での理由が解説されています。

【ESの基本】ESで質問されることと失敗しないための最重要ポイント

自己PRが作成できたら、友人、大学の就職サポートセンター、大学のOB・OGなどのレビューを受けましょう。

レビューを受ける際は

レビューのポイント

  • 書いてある内容が一読して理解できる
  • 論理構成はおかしくないか
  • もっと書き方を変えた方がいい箇所はあるか


など、「何のためにレビューを受けるか(目的)」を明確にしてからレビューを受けましょう。特に、目上の方に依頼する際は、目的を明確にしておきましょう。

3.まとめ

本記事の内容をまとめます。

自己PRで抑えるポイント

  • 自己PRを書く目的を理解する
  • 自己PRに盛り込むべき要素を把握する
  • 自己分析をしっかりとやり込む

自己PRを書く5つのSTEP

  • STEP1:構成要素を把握する(PREP)
  • STEP2:構成要素ごとに文章を作成する
  • STEP3:それぞれの文章を結合する
  • STEP4:文字数調整をする
  • STEP5:他人のレビューを受ける


本記事を参考にしながら自己PRを作成しましょう!

自己PR以外にも

長所と短所を書く際のポイントと5つの手順で書く方法【例文あり】

ガクチカを書く際のポイントと5つの手順で書く方法【例文あり】

について記事を書いています。どの記事も、「歩」が実際に企業に提出したESを基にして、分かりやすく書いてあるため参考にして下さい。

-未分類

© 2021 Ayumu Blog Powered by AFFINGER5