雑記

楽天カードを持つメリット・デメリットを楽天経済圏ユーザーが解説!

楽天カード

こんな方におすすめ

  • 楽天カードメリット・デメリットを知りたい
  • 楽天カードにはどんな特典があるのか知りたい
Ayumu
このような悩み・疑問を解決できます!


楽天経済圏をフル活用して1,000万円以上の資産形成に成功している「歩」が楽天カードのメリット・デメリットについて解説します。

1 楽天カードって何?

楽天カードって何?

 1-1 楽天カードとはどんなカードか

楽天カードとは「楽天カード株式会社」が発行する「クレジットカード」のことです。

「楽天カード」の文字列だけを見ると「楽天の会員証かな?」と思われる人がいるかもしれませんが、違います。

クレジットカードのことだとしっかりと認識しておきましょう。

 1-2 どれくらいの人が使用しているのか

楽天カードの利用者数については、楽天カード株式会社が公式に発表したデータがあります。

↓のブラフによると、2020年6月の時点で2000万人を突破しています。

日本人の約15%(6.5人に1人)が利用しており、クレジットカード取扱高国内No.1の実績があります。


引用サイト:https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2020/0630_04.html

 1-3 楽天カードでできること

楽天カードを使用することで様々な支払いをカード払いで行うことができます。

具体的には

楽天カードでできること

  • ネットショッピング
  • スーパーでの買い物
  • 携帯・電気・ガス料金の支払い
  • ガソリンの支払い
  • 株式投資


このように、ありとあらゆる支払いは楽天カードで行うことができ、楽天経済圏が作り上げられています。

 1-4 申し込みからどのくらいで届くのか

ネット申し込みから、自宅に配送されるまで1週間~10日前後かかります。

また、審査・カード発行・カード配送の状況を24時間WEBにて確認することができるので安心です。

楽天カードを受け取る際には運転免許証等の本人確認書類が必要となるため、準備を忘れないように注意しましょう。

2 楽天カードのメリット4つ

楽天カードのメリット4つ

 2-1 入会金・年会費無料

1つ目は、入会金・年会費が永久無料です。

さらに、ほぼ常時、入会キャンペーンを実施しているため、楽天カードを発行するだけで数千円相当のポイントをゲットすることができます。

入会金も無料であり、リスク0で数千円相当のポイントが手に入るため、非常に人気なのも頷けますね。

入会特典だけをゲットし、使用したあと楽天カードを使用しなくなったとしてもペナルティはありません

 2-2 ポイントがたまりやすい

2つ目は、楽天ポイントを貯めることができます。

「まねーぶ」の調査によると「一番利用するクレジットカードの利用理由」のトップ3は

クレジットカードが選ばれる理由

  • 1位:ポイントまたはマイルが貯まりやすい(還元率が高い)
  • 2位:入会金・年会費が無料または安い
  • 3位:利用できる店が多い


となっており楽天ポイントが楽天カードの人気を下支えしていることが分かります。

引用:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2002/13/news090.html

楽天カード最大のメリットである楽天ポイントについてさらに深堀りして説明します。

楽天ポイントが発生するケースは、楽天市場での買い物かそうでないかの2パターンに分類できます。

 (1) 楽天市場以外での支払い

楽天市場以外での支配の場合、100円につき1円分のポイントをゲットできます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%であるのに対して楽天カードは1%のため、非常にお得です。

1%のポイント還元が発生するのは、スーパーマーケット、百貨店、コンビニ、ガソリンスタンド、飲食店、書店などたくさんあります。

 (2) 楽天市場での支払い

楽天市場での支払いではSPU(スーパーポイントアッププログラム)が適用されます。

SPU倍率は下の表の達成条件(2021年1月末時点)によって積み上がります。

※楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードは2021年4月1日より+2倍が無くなります

これらの条件以外にも、毎月5と0の付く日に楽天カードを利用するとSPU倍率が5倍UPするキャンペーンがあります。

 2-3 ネットで簡単に申し込み

3つ目は、ネットで簡単に申し込みができることです。

約10分程度で入力を完了できるため非常に簡単です。

※入力した内容に不備等がある場合カードの発行が遅れてしまうことがあるため、注意しましょう。

 2-4 楽天銀行の金利が2倍

4つ目は、楽天銀行の金利が2倍になることです。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定すると楽天銀行の金利が2倍となります。大手銀行の普通預金金利と比較すると

金利の比較

  • 大手銀行:0.001%
  • 楽天銀行:0.02%


約20倍の差があることが分かります。利息の振り込みは3月31日9月30日の年2回です。

3 楽天カードのデメリット3つ

楽天カードのデメリット3つ

 3-1 広告・キャンペーン等のメールが多い

1つ目は、広告・キャンペーン等のメールが多いことです。

不要だと思う方は、メール配信の停止が簡単に可能なので対策可能です。

 3-2 コールセンターに繋がりにくい

2つ目は、コールセンターに繋がりにくいです。

混雑する時間帯を避けて電話を掛けることが対策となります。

もしくは、こちらの質問に自動で答える「自動応答チャット」サービスを利用する手段もあります。質問したい内容を選択していくだけで回答を得られます。

 3-3 リボ払いの勧誘が多い

3つ目は、リボ払いの勧誘が多いことです。

リボ払いにしてしまうと、実質金利15%が金利手数料として上乗せされます。

リボ払いは申し込まないように注意しましょう。

4 まとめ

本記事の内容をまとめます。

メリット

  • 入会金と年会費が無料
  • ポイントがたまりやすい
  • ネットで簡単申し込み
  • 楽天銀行の金利が2倍

デメリット

  • 広告やキャンペーンのメールが多い
  • コールセンターに繋がりにくい
  • リボ払いの勧誘が多い


楽天カードのメリット・デメリットを理解していただけたでしょうか。いいなと思った方は申し込みを検討してみて下さい!

楽天カードを今すぐ申し込む

※クリックすると公式サイトに移ります



楽天経済圏の具体的な始め方に関してはこちらの記事がとても分かりやすいです。

是非参考にしてみて下さい!






-雑記

© 2021 Ayumu Blog Powered by AFFINGER5